醗酵食品の効果とメリット

醗酵食品の効果とメリット

「醗酵食品」です。醗酵とは、酵母などの菌類や、乳酸菌などの細菌の働きによって、有機化合物を分解し、アルコールや有機酸、炭酸ガスを生成する過程のことです。こうした醗酵の過程は、じつは腐敗と同じです。つまり、腐敗のなかで、とくに人間にとって有用な場合を「醗酵」と呼んで区別しているのです。

 

つまり、醗酵食品が生きた食べ物となつているのは「微生物」のおかげなのです。私たちの体の中の腸内細菌がたくさんのエンザイムを作ってくれているように、醗酵食品に使われる微生物たちも多くのエンザイムを生み出しています。その豊富なエンザイムが含まれているから、醗酵食品は「生きた食べ物」なのです。醗酵食品は世界中にあります。ヨーグルトやチーズは牛乳を乳酸菌が醗酵させたものです。韓国の辛い漬け物キムチも、いわしの漬け物アンチョビも醗酵食品です。日本にもみそ、醤油、納豆、お酢、ぬか漬けなど、伝統的な醗酵食品がたくさんあります。郷土料理である鮒寿司やくさや、塩辛や豆腐、お酒では日本酒やワイン、ビールなどが醗酵によって作られています。醗酵食品で一つ注意しなければならないのは、すべての醗酵食品が体にいいわけではないということです。では、よい醗酵食品かどうかはどこで見分ければいいのでしょう。

 

ポイントは二つあります。 一つは原材料が動物食か植物食かということです。植物を原材料とする醗酵食品は、ほとんど体によいと考えることができます。大豆を原料とするみそや醤油、納豆も豊富なエンザイムを含むよい食品です。お米のなかでも微量成分を豊富に含むぬかを使っているぬか漬けは、微量成分の摂取につながります。ちなみに、私の家では「ぬか」か、ときおり玄米そのものを粉にした「リブレフラワー」を使った「リブレ床」で漬け物を作っています。ぬか漬けと同じ要領ででき、全体食にもつながるので試してみてはいかがでしょうか。

 

ヨーグルトやチーズは健康食品だといわれていますが、前著で詳しく述べたように、牛乳を原材料としているので、好きな人はときどき少量食べる分にはよいでしょうが、週一、二回以上食べることはしないほうがよいと私は考えています。動物食を原材料としていても塩辛やアンチョビなど魚介類であれば、摂りすぎなければ、エンザイムの補充につながるので問題はありません。