食の危険

食の危険

多くの人がうすうす気づいている「食の危険」はまだほかにもあります。その一つが電子レンジです。いまや電子レンジのない家庭はないのではないかと思うほど、日本の家庭には電子レンジが普及しています。電子レンジは短時間でかんたんに食品を温めることができるので、忙しい現代人にはとても便利な道具です。日々のちょっとした温めものや、野菜の下ごしらえなどに活用している人も多いことでしょう。しかし、そこに危険が潜んでいることは、ほとんど語られることはありません。電子レンジの仕組みをかんたんに述べると、超短波の電磁波を発生させ、それを被加熱物に照射することで、被加熱物内部の水分子を振動させ温めているということになります。つまり、電磁波で食べ物の中の水分子が激しく振動(秒速二万回ともいわれている)させられることによって、内部から温まっているということです。電磁波が人体に悪影響をおよぼすことは広く知られています。そのため、電子レンジや電磁調理器など、使用時に電磁波が発生する調理機器に対しても、外部に放出される電磁波の危険性が指摘されています。しかし、そうした危険は、電子レンジメーカーが、本体から電磁波が漏れないように工夫することで解決できると思っていませんか?

 

でも、私がここで取り上げたいのは、そうした外部に漏れる電磁波の危険ではなく、電子レンジで加熱された食品そのものの危険性です。

 

この危険性を実感していただける方法として、一つの実験があります。それは、電子レンジで沸騰させた水と、普通にヤカンで沸騰させた水を同じ植物に与えるというものです。最近ではインターネットでも同様の実験結果が写真入りで掲載されていますが、電子レンジで加熱した水を与えられた植物は、数日で枯れてしまうそうです。この実験結果は、電子レンジで加熱されたものには、もう「命を養う力」は失われているということを示すものです。

 

電子レンジに使われているマイクロウエーブとは、放射線の一種です。放射線は医療の現場でも「放射線治療」などで使われているので、使い方さえ間違えなければ怖くないと主張する人もいますが、安全が確保されているはずの放射線治療においても、激しい副作用があるのは広く知られていることです。それに短時間で加熱できるというのは、電子レンジの最大のメリットでもありますが、なぜこれほど短時間で加熱できるのかというと、自然界ではありえない速度での振動が物質内部で生じているからです。この自然界ではありえない状態に細胞や遺伝子が耐えられるという保証はありません。