楽しかった思い出も

転職して英語教室とは別の職種につく人もいるが、中小英語教室をわたり歩いたり、自分で英語教室を起こしたりする人も少なくない。そしてそういう人の中には教えるのが好きで、子どもを伸ばすのが上手な人もいるので、よく講師の人格を見極めて子どもがなつくようなら、おまかせするのもいい結果につながる。「親を苦しませれば苦しませるほど、よけいにお金がかかるシステムですから、つらい思いをしている人は多いと思います」ある中小英語教室のこの道三十年のベテラン講師は、過熱している大手英語教室の動向をそう批判していた。そしてあちこちのターミナル駅に大手英語教室が次々に進出していくことに疑間を投げかけた。英語教室を新設するには、お金がかかる。その費用が、通ってくる子どもたちの月謝や施設費などにはねかえる。経営上、どうしてもひとりひとりからたくさんの月謝を支払ってもらわなければ採算がとれない。しかもそんなに英語教室を増やして、技量のある講師を配置することができるのかという問題がある。そういう意味で、大手英語教室の看板に惑わされて通わせるのは疑間が残る。さて冒頭で紹介したお母さんの話に戻ろう。英語教室通いは、やはり気軽に大手英語教室の無料体験テストを受けたことがきつかけだつた。

 

「クラスでも仲良しで、おけいこごとのいくつかもいつしよのお友達が無料のテストを受けるというので、軽い気持ちで受けさせたのが始まりですね」かつて勉強方法受験した経験があるそのお母さんは、英語教室通いを楽しんだ思い出がある。